骨盤の影響歪み

骨盤の歪みは体に大きな影響を与え
体調不良の原因となっていることがあります。

骨盤の歪みを放置しても
戻ることはしてこなかった。

その結果、ますます体に悪影響を与えています。

実際にどのような影響を体に与えてしまうのか?
どうして骨盤は歪んでしまうのでしょうか?

骨盤の歪みが体に及ぼす影響や骨盤が歪む原因などを知って日々の生活を見直すキッカケになります。

骨盤の歪みが及ぼす体の影響

体がむくむようになる

以前はそんなことがなかったのに、
なんだか最近体がむくむようになった…
という場合は、骨盤の歪みを疑いましょう。

骨盤が歪んでしまうと、骨盤周りの筋肉に負担がかかるので
知らないうちに凝り固まってしまいます。

そして、血流も悪くなりますし、内臓も下がりやすくなって
水分代謝も悪くなり、むくみやすくなります。

今まで便秘知らずだった方も急に便秘気味になったりもします。

体の中にいろいろな老廃物がたまってしまうので、
むくむようになるのも納得です。

冷え症になる

上で話したように、骨盤が歪むと血流が悪くなりますので
特に手足などの末端への血流が滞りがちになります。

もともとは、体は声明を維持するために
臓器への血流を優先するようになっていますので、
手足の末端は冷えやすいんです。

骨盤の歪みが悪くなると、血流が悪くなり、
暑い夏でも寒い冬でも関係なく、
オールシーズンいつでも冷えを感じるようになってしまいます。

体の冷えはなかなか治らないですし、
ホッカイロや靴下なども他の人よりも必要ですし、
寒いからといってさらに体を動かさなくなる方も多く
さらに深刻な冷えへと陥ってしまう方もいます。

まっすぐな脚になれない

骨盤と股関節は切っても切れない関係ですので、
骨盤が歪んでしまうと、脚の歪みにも影響が出てしまいます。

股関節にねじれが生じてしまいますし、
同じように膝や足首もねじれが出てしまいます。

体の重心の位置もズレを安くなってしまいますので、
筋肉が内側と外側が平等に発達することが出来なくなり、
偏りが出てしまいますので脚のラインが崩れてしまいます。

その結果、O脚やX脚になってしまいます。

O脚やX脚の方はたくさんいますが、
どちらも誰が見てもわかるような脚のラインですので、
気になってしまい、大きな悩みとして抱えがちです。

なかなか治すことも難しいです。

お腹周りがポッコリする

もともと女性はくびれが出来やすいような体型ですが、
骨盤が歪んでしまうと、くびれの高さに左右の差が出来たり、
くびれ自体が出来なくなってしまいます。

くびれがなくなると、ただの寸胴にしか見えませんよね。

さらに、腰幅が広く見えることもあるので、
女性としてはかなり気になります。

骨盤が歪むと内臓が下がりやすくなることで、
下腹部がポッコリと出てきてしまうので、
決してスタイルが良い、とは言えないボディラインになります。

太りやすくなる

骨盤が歪むと、お腹周りがポッコリだけではなく、
実は全体的に太りやすくなってしまいます。

骨盤が横に広がってしまい、そこに余計なお肉が付き、
太ってしまうことが多いです。

そして、血流が悪くなりますので代謝も悪くなり、
消化機能も正常に働きませんし、
脂肪燃焼効果も低下してしまいますので、
体はいろいろなものを溜め込んでしまって太りやすくなります。

骨盤の歪みの原因は?

それでは、いろいろな体に悪影響を与える骨盤の歪みは、
どんなことが原因で起きてしまうのでしょうか?

姿勢が悪い

毎日、デスクワーク、立ち仕事など、同じ姿勢のまま
長時間過ごしている方は、骨盤が歪んでいるが多いです。

どうしても、デスクに座ってパソコンに向かっていると
背中が猫背になってしまったり悪い姿勢になりがちで、
骨盤の前傾または後傾した状態になってしまいますので、
骨盤は歪んでしまいます。

意識して姿勢に気を付けるようにしなければ、
ますます骨盤の歪みはひどくなってしまいます。

高いヒールの靴を履く機会が多い

平らな靴と違い、ヒールのある靴は、
どうしても重心が前にかかりやすくなります。

バランスをキープするために体は勝手に歪みを与えたりして
調整するようになってしまいますので、
骨盤にも歪みが出てしまいます。

普段から脚を組んで座る

脚を組んでその姿勢をキープすると、
筋肉を使わなくても姿勢をキープすることが出来るので
この座り方の方が楽だと体が覚えます。

これを続けていると、体幹が弱くなってしまい、
骨盤が不安定になりやすく、関節から骨盤がねじれることも
多いです。

脚を組んで座るのが楽だと感じている方は多いので、
まさかこの姿勢が骨盤に悪いとは…
とショックを受ける方は少なくないはずです。

脚を組むということは、左右のどちらか片方に
重心が寄ってしまいますので、背骨も傾いてしまい、
骨盤を歪ませて、それで体のバランスを取ろうとします。

片足に体重をかけて立つことが多い

気付くと、片足に体重をかけて立っていたり…
ということがある方はたくさんいることでしょう。

実は、これもいつも行っていると
全身のバランスが崩れてしまいますので、
姿勢が悪くなりがちです。

どうしても両足に同じように体重がかからないと、
骨盤も同様にアンバランスになり、歪んでしまいます。

荷物を決まった片方の肩にかけたり手で持つ

決まった片方の肩や手で荷物を持ってばかりいると
背骨の傾きや筋肉の左右のバランスが悪くなります。

歩く時もアンバランスになってしまうので、
それに合わせて骨盤も歪んでしまうことがあります。

出産

妊娠、出産は骨盤の歪みを引き起こしやすいです。

たいていは、産後落ち着いてからしっかりとケアをすれば
歪みのない頃の骨盤に戻すことが出来ます。

骨盤の歪みの影響は軽視しないで改善のおすすめ!!

骨盤は、体の要と言われている大事な部分です。

上半身と下半身をつないで、内臓を受けています!

男性と比較すると、
女性の骨盤は横幅が広くて柔軟性にも優れています。

これは、赤ちゃんをお腹の中で育てられるように
女性特有の骨盤の仕組みです。

それに柔軟性があるということは、
骨盤の歪みも引き起こしやすいということになります。

出産することで歪みの原因になると言われていますが、
それ以外のことが原因になっている人もいます。

もし以前よりも

  • 痩せにくくなった
  • ダイエットしても効果が出ない
  • なんだか体が重くなった

という方は、骨盤の歪みを疑ってください。

同時に、ご自身の生活習慣も振り返ってみてほしいのです。

いつもどんな姿勢をしてるのか?
どんな姿勢の時が楽に感じるのか?

生活習慣の中でついてしまった「クセ」が
骨盤の歪みの原因となっている可能性があります。

骨盤の歪みに気づかずダイエットを続けていても
大きな効果を実感するのは難しいのです。

まずは体の基軸となる骨盤を整えてから
筋トレやストレッチで体を効率的に引き締めていきましょう。

成功率がグーンっとアップします。

骨盤の歪みは体調不良も引き起こす原因になる

骨盤って上半身と下半身をつなぐ場所にあるでしょう?

だから体の「基軸」と言われることもあります。

骨盤が歪むことで上半身と下半身両方のバランスが崩れ
体調不良を引き起こす原因にもなっています。

例えば、肩こりも骨盤の傾きが原因とされています。

骨盤が前傾して猫背になり、
長時間PCやスマホを見ることで巻き肩になって肩こりを引き起こす。

また、骨盤が歪んでいるとリンパの流れが悪くなって下半身のむくみに直結する。

など、悩みに直結するので

  • 骨盤の歪みをチェックし
  • 自分の原因を追究し

骨盤が歪まない生活を送るように気をつけましょう。

とはいえ、一言で片づけられる問題ではなく
生活の中でクセになった姿勢を簡単に変えることはすごく難しいです。

整体へ行って骨盤の歪みを正してもらっても
また同じ生活に戻れば骨盤もクセと共に歪んでいきます。

日々の生活の華夏に骨盤を真っ直ぐする運動を取り入れると体調が良くなるし体がスッキリするので試してみてください。

>>自宅で出来るオンラインエクササイズはコチラ!